必ず支払わなければいけない光熱費でマイルを貯める

旅行や出張などでひんぱんに飛行機を利用する方ならともかく、飛行機を利用することが少ない生活を送る方にとって、ANAマイレージをより早くたくさん貯めるにはショッピングなど日常生活でカード払いできるところでカードを使うことがもっとも良い方法だと思います。

たとえば、多かれ少なかれ毎月必ず発生する光熱費。

たとえひとり暮らしの立場だとしてもガス代、水道代、電気代を合わせればざっと10,000円程度はかかってしまうと思いますし、これが家族で暮らしていれば20,000円超えしてしまう家庭も少なくないと思います。

このように、月々10,000円近くは必ず出費する光熱費ですが、実は2005年9月よりJCBカードおよび三井住友VISAカードでガス代、電気代を支払えるようになったのです(一部の地域では水道代も含む)。

ですから、自動的にクレジットカードで支払った光熱費でマイルを貯められるということになりますね。

なかでもとくにおすすめのカードがANA JCBカード。

なぜなら(公共料金の支払いにおいては)JCBカードおよび三井住友VISAカードよりも多くのガス会社、水道局、電力会社と提携をしているため、ANAマイレージを効率よく早くたくさん貯めることに意欲を燃やす方にとってはANA JCBカードはかなりお得になるわけです。

海外に比べてカード払いがまだまだ定着していない日本ですが、ANAマイレージのことを考えるとやはりカード払いできるところはするのがいちばん。

特に光熱費や通信費のような、毎月ある程度のまとまった出費があるものは思い切ってカード払いに切り替えてみてはいかがでしょうか。