コンビニを支払うだけ・・・そんなあなたは損をしています

出社前や帰宅前、ちょっと喉が渇いたとき、お金を下ろしたいときなど、
日常のちょっとしたときに利用しているのがコンビニですね。

コンビニエンスストア

何気なく使っているコンビニですが、1年間で消費している金額を計算すると、かなりの金額をコンビニで利用しているはずです。

もし、頻繁に利用するようであれば、できることならこの出費でもANAマイレージを貯めたいところ。

しかし、コンビニではクレジットカードは利用できません。

では、どうすればマイルを貯めることができるのか・・・
ここで利用して欲しいのが電子マネーのEdy(エディ)です。

ご存知のとおり、Edyは特定のカードおよび携帯電話にあらかじめお金をチャージしておくことによって、携帯で簡単に支払いができるシステムです。

このEdyを使えば、自然とマイルが貯まっていきますので、コンビニを利用する人は効率よくマイルを貯めることができてしまうのです。

さらに、前述したようにEdyはお金をチャージする必要があるのですが、
このチャージという行為そのものでもマイルを貯めることができます。

ライフカード

しかも、ライフカードなどを利用してチャージをすれば、最大でなんと100円=5.3マイルも貯めることができるのでかなりお得。

ただし、クレジットカードでチャージする際は、PC用リーダ/ライタ(パソリ)をPCに繋いでクレジットカードの登録をしなければいけないという点がハードルとなります。

が、パソリはamazonなどで2,895円(税込)で購入することができるため、今後ずっとコンビニを利用して、マイルが貯められることを考えると、この投資は確実に損ではありません。

例えば、毎日500円程度コンビニで飲み物や食事を購入している方であれば

500円×30日×12ヶ月=180,000円

つまり、100円=1マイル換算であれば、年間1,800マイルも貯められるということ。

他の支払いもクレジットカードでまとめてしまえば、1年間であっという間に国内や海外旅行に無料で行けるだけのマイルを貯められるというわけです!

なお、おサイフケータイはパソリがなくても簡単にチャージが可能なので、所有している方はぜひ活用してください。しかし、利用時はEdy番号をケータイde Edyマイルに登録しなければマイルは得られないので手続きは忘れずに。

マイルを貯めるときに最も重要なことは「小さくコツコツと貯めていくこと」

「たかが500円くらい・・・」と思うかもしれませんが、
その500円も1年使い続ければ180,000円分のマイルを貯めることができます。

こうした小さな機会を見逃さなければ、旅行に行くだけのマイルはあっという間に貯まるのです。
毎日少しずつでOKなので、確実にマイルを貯めていってください。