ANAマイルは、どのように貯まっていくのか?

ANAマイレージを貯める方法はいろいろありますが、やはり最も早く貯める方法は飛行機に乗ることです。

コンビニエンスストア

ただし、飛行機に乗っているだけではマイルは貯まりません。
効率的に貯めるにはANAカードを使うか否かが重要なのです。

例えば、クレジット機能のないAMCカードでも通常分のフライトマイルだけが加算されます。

しかし、クレジット機能のついたANAカードではボーナスマイルが付いてくるため、
圧倒的にマイルの貯まるスピードが早いのです。

なお、このボーナスマイルの付き方は同じANAカードでも種類によってかなり違っています。
ここではどれくらい違うのかを簡単に説明しておきます。

一般カード

ANA JCBカード
  • 入会時ボーナスマイル・・・1,000マイル
  • カード継続時ボーナスマイル・・・1,000マイル/年
  • 搭乗時ボーナスマイル・・・区間基本マイレージ+10%
  • 航空券カード購入時・・・100円で2マイル(内訳:ショッピングアルファ1マイル、カードポイント1マイル)

ワイドカード、ワイドゴールドカード、ANAダイナースカード

ANAダイナース
  • 入会時ボーナスマイル・・・2,000マイル
  • カード継続時ボーナスマイル・・・2,000マイル/年
  • 搭乗時ボーナスマイル・・・区間基本マイレージ+25%
  • 航空券カード購入時・・・100円で2マイル(内訳:ショッピングアルファ1マイル、カードポイント1マイル)

比べると明確ですが、一般のカードとは2倍近いの差があることがわかります。

もちろん、年会費などを見れば一般カードの方が断然安いため、どちらがお得なのかをしっかり見極める必要があります。

もし、飛行機にはそれほど乗らず、主にショッピングなどでマイルを貯めようと考えているのであれば、年会費の安いANAカードを選ぶことをオススメします。

逆に、頻繁に飛行機に乗るのであれば、ワイルドカードやANAダイナースの方が断然マイルが貯まる速度も速く、お得なので、そちらに入会することをオススメします。

ちなみにカード支払いで付与されるポイントは、1,000円利用するとクレジット会社のポイントが1ポイント付与され、この1ポイントと10マイルを交換できるという仕組みになっています。

カードをどのように使うのか?所持するのにどれだけ費用をかけられるか?などを考えながら、最終的に手に入れるカードを選ぶようにしてください。