ANAマイルは、どのように貯まっていくのか?

通常、カードで貯めたポイントがマイルに移行出来ると話をよく聞きますが、
マイルに移行する時には移行手数料が発生します。

なかなかマイル移行手数料がわからない方もいるのでまとめてみました。

マイル移行手数料のまとめ

移行手数料 クレジットカード名
無料 ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
ANA ワイドゴールドカード「10マイルコース」
ANAダイナースカード「10マイルコース」
JCB ANA 学生カード「10マイルコース」
ANA JCBカード ZERO「5マイルコース」
※すべてのカードの5マイルコース
2,100円 JCB ANA 一般カード・ワイドカード「10マイルコース」
5,250円 ANA アメリカン・エキスプレス・カード
6,300円 三井住友ANA VISA 学生カード・一般カード
ワイドカード・Suicaカード 「10マイルコース」

このまとめを見ていただくとわかるとおり、

  • 10マイルコース→1,000円=10マイル
  • 5マイルコース→1,000円=5マイル

となっているんですね。

5マイルコースはどのANAカードも移行手数料無料となっており、とてもお得のように感じるのですが、実はマイル移行率が悪いのでそこまでお得ではないのです。

JALカードのショッピング・プレミアに相当すると考えていていただいていいでしょう。

ですが移行手数料が高ければその分いいという訳ではありません。

三井住友VISAカードから発行されているANA VISA/Masterカードは移行手数料が年間6,300円とかなり高額になっているのですが、比率のよいJCB ANAカードの3倍にもなってしまいそこまで比率がいいわけでもないのであまりお得ではないです。

これだけで移行手数料の奥深さがうかがえると思いますが、移行手数料の種類には2種類あります。一つはその都度マイルへ移行する都度移行コース。

もう一つは自動的にマイルへ移行する自動移行コースです。これは選択することが可能です。

単純に決めてもらっても大丈夫ですが、一番いい考え方はいつまでにどれくらいのマイルを貯めるか?という決め方ですね。

何を目的にマイルを貯めたいのか、国内旅行をしたいのか、シートをアップグレードしたいか、それとももうちょっと貯めて海外旅行をしたいか、そういう目標を決める事でモチベーションも維持できますし、楽しく過ごせるかと思います。

もし目的までに1年以上かかるなら、その都度マイルへ移行する都度移行コースを選ぶ事をオススメしますし、目的までに1年未満かなと思う場合は、自動的にマイルへ移行するコースをオススメします。

1年以上かかるなら、その都度マイルへ移行する都度移行コースをオススメしましたが、もし、これが自動的にマイルに移行されるコースを選ぶと、ANA JCB一般カードを例にすると2,100円×2年=4,100円になり、2,100円分が余分にかかってきます。

コツコツ貯めてきても移行費用で2,100円が無駄になるのは嫌ですよね?

あとマイルをためる上で重要な注意点があります。

それはマイルには有効期限があるという事。マイルの有効期限は3年なのです。

そしてクレジットカードのポイント有効期限は2年間です。すぐにマイルを使わない場合や多くのマイルを貯めようとするならばクレジットカードのポイント有効期限を考えて、2年ギリギリのところでマイルに移行しましょう。

そうすれば5年はマイルを貯められます。

私は1年間で目標のマイルを貯められているので、自動的にマイルに移行するコースで移行をしています。場合によって、目標によって使い分けていきましょう。